12月 30, 2012

12月30日(日)

[日記] —

007.JPG
今年やるべき仕事を何とかなし終えて・・・乾杯!

今年も残すところ今日を含めてあと2日となりました。昨日からちと馬力をかけて残務に取り組んだ結果、満足のいく出来ではないものの、午後には何とか終えることができました。肩も凝ったけどあ~さっぱりした。

今年の年越しは恒例であった実家での年越しではなく、先般義父が他界した鯵ヶ沢に皆集いて行う運びとなりました。大晦日にみんなが集まるのは初めてです。明日昼過ぎには出発しますので、今年のブログはこれにて打ち止めです。

皆様もよいお年をお迎えください。

12月 27, 2012

12月27日(木)

[日記] —

006.JPG1.JPG
生まれてこの方未体験桃のジュース & これまた激旨のプチトマト

寒波襲来で思いっきり冬を堪能させて貰っております。昨夜は若い衆と忘年会をやりましたが、外を歩いていて久々に「さっぶいなあ~」としみじみ声が出ました。時はあっという間に過ぎ、12時前には帰宅したもののそのまま就寝。

今朝は家族全員寝過ごしてしまい、実に慌ただしい朝となりました。ひとまずみんな明日で仕事納めなのですが、私用はほぼ手つかずで残っており、まだまだ安らぎの時が訪れるのは先のようです。テンパッた時は寝るべし!

12月 24, 2012

12月24日(月) X’mas イヴ

[日記] —

009.JPG
好天の下、陽光を受けて輝く雪を頂いた岩木山 絶景かな

昨日に引き続き本日も鰺ヶ沢へ。天気が良く路面状態も良好です。葬儀も滞りなく終わり、一段落です。さて、議会は明日の閉会日をどのように乗り切るか、というところですがこの3日間でも大きく動きがあった様子です。ま、いっか。

やらねばならんことは山積すれども、とりあえず寝ます。

12月 22, 2012

12月22日(土)

[日記] —

0032.JPG
昨夜一旦帰ってきた妻は、慌ただしく準備をして今朝また鰺ヶ沢へ発ちました。20日夜に亡くなった父親の通夜・葬儀が明日明後日執り行われます。私と娘たちも明朝、火葬に合わせて向かいます。

午後友人夫婦が来てくれ、香典の他に次女と私にプレゼントまでいただきました。ありがたや。

議会最終日は課題というか問題てんこ盛りで、いつ始まっていつ終わるものやら見当もつきません。それ以前に連休中は何かと忙しくなります。

12月 20, 2012

12月20日(木)

[日記] —

011.JPG
俄かには信じがたい事態が起きました。今月12日に開かれた文教経済常任委員会において、全会一致で継続審査と決定した案件について、市の市移行部からの働きかけにより5名の委員が再度議会の招集を求めました。こんなことがまかり通ったら議会は執行部の意のままです。このような議員が行政の監視機能など果たせるはずもありません。執行部のいいなりに委員会の招集を請求した議員たちは、自分たちのしたことの意味を理解しているのでしょうか。

おまけに再度開かれる委員会の影響で閉会日が28日に延長されることを知り、「それだったら招集の請求を取り下げる」などと言い出す始末です。聞くところによれば委員の中に28日上京する者がいて、そのために取り下げをしようとしたり、あろうことか執行部に頼み込んでなんとか25日に閉会するよう議会事務局に圧力をかけているとの情報もあります。本当にそんなばか者がいるとは信じがたいのですが、万が一本当だとすればそういう方にはすぐ議員をやめてほしいものです。

我が会派ではあまりの体たらくに「ああいう議員を見ていると、報酬削減しろと言われるのも仕方がない」という意見がでています。確かに。

12月 16, 2012

12月16日(日)

[日記] —

338.JPG
朝から予定外の行動を強いられ、少々不機嫌でした。午前中から昼にかけては、少林寺の僧階辞令交付式があり道院へ行ってまいりました。道着に袖を通すのは1年2ヶ月ぶりという・・・反省しきり。

夕方から近隣町会の老人クラブ忘年会へ出席し、大いに飲み、食べ、歌い楽しい時間を過ごすことができました。

さて総選挙の投票が終了し、各地の状況が明らかになってきています。しかしまだまだ当落の判明しない区もあり、予断を許しません。

12月 15, 2012

12月15日(土)

[日記] —

0021.JPG
満6歳のBirthday 光陰矢の如し・・

土曜とはいえ妻は通常勤務、長女は土曜講習、次女はそろばん合同学習会ということで、私も必然的に巻き込まれて送り迎えやらで労働を強いられることになりました。途中の空き時間を本屋やショッピグセンターのフードコートで過ごし、それなりに有意義な時間を体験できました。

夕刻よりとある町会の忘年会に参加してきましたが、往来の途中衆院選の各陣営の最後の訴えがこだましていました。選挙期間は終わったものの、候補者はまだ息つくまもなく様々な活動をしていることと思います。

本日は次女の6歳の誕生日でした。思い起こせば6年前の今日は、予算特別委員会の最終日。元気にすくすく育ってくれていることが何よりの親孝行です。

12月 14, 2012

12月14日(金)

[日記] —

0011.JPG
衆議院議員総選挙も大詰めを迎え、各陣営とも最後の訴えにまさに東奔西走しています。私もここ数日あちこち電話をしましたが、意外に投票する政党をまだ決めていないという人が多いです。そして、醒めている人が多いのも気になります。政党間の政策の違いがはっきりしない場合、候補者を見て決めるというのも一つの方法だと思います。この人間は信用できる、と思える人に1票を投じ、選挙後もその人の言動を注視していくことが必要だと思います。

泣いても笑っても選挙期間は今日明日の2日間。明後日深夜には大勢が判明します。

12月 13, 2012

12月13日(木)

[日記] —

003.JPG
大根おろし、結構たいへん!

昨日は常任委員会の終了が4時過ぎまでかかったところも多く、予算特別委員会の質問取りは今日にずれ込んだりした議員もいて、議会棟は結構人出が多かったようです。

私が感ずるに、今の行政サイドと議会の関係はこれまでにない対立をしているようです。これは望ましい緊張関係とは異なり、議会側の行政に対する圧倒的な不信感が原因のように思います。このような関係が市政運営の面でよいこととは思えません。このような事態を招いたのは誰なのでしょう。

12月 12, 2012

12月12日(水)

[日記] —

h241212.JPG
久々に今日の弁当は 並盛りです 何とかなるもんです

午前中は総括質疑。2人の議員が質疑を行いました。特別職報酬に関する条例の一部改正案では、「議員の報酬は高いと思うか」との質問に対して市長が「高いと思う」と明言したのは意外でした。現市長ご自分の議員時代も報酬は高いと思っていたのでしょうか。

午後は各常任委員会が開催され、総務企画常任委員会ではこの「特別職報酬」の他2件の付託案件だけでしたが、約2時間半の時間を要して特別職報酬削減は否決。訴えの提起も否決となりました。文教経済常任委員会付託の指定管理者の指定は全て継続審査となったようです。

議会として主張すべきは断固主張すべきです。まわりの様子を窺って「提案は否決されそうだし、自分たちは賛成しておけば腹は痛まないし、市民には受けるな」という、卑怯な態度は実に醜いし、そんな生き方はしたくありません。

次のページ »

HTML convert time: 0.471 sec. Powered by WordPress ME