3月 31, 2009

3月31日(火)

[日記] —

 3月も今日で終わり。朝燃えるゴミを出しに行ったのですが、今日もクリーンボックスに入りきれずボックスの外に積んできました。昨年からそこのクリーンボックスに出す区域に7~8件新しい家が建ち、ゴミの絶対量が増えているせいもあるのだと思います。しかし基本的には各家庭から出されるゴミの量を減らす必要があります。などといっている我が家のゴミの量は大量です。嵩はもっと減らすことができると思います。また紙類を分別することによって量自体ももっと減らすことができます。要はやる気ですかな。
 午前中会派控え室に集まったメンバーで情報交換をして、それぞれに選挙活動に散りましたが皆苦しいながらも動きの中で一縷の光明を見いだしているような感じも受けました。
 午後町内の人の葬儀に参列してきました。今から9年ほど前でしょうか、私が今の町会に関わるようになったとき一緒に副町会長をした人で、いろいろな選挙の度にとてもお世話になりました。3年前の市議選の時にはとても元気だったのですがその後まもなくガンを患い、埼玉県のご子息のところで入退院と治療をされていましたが、ついに力尽きたということでした。今年の正月にもらった年賀状では「春には青森に帰る予定です」とあったので、久しぶりに会えることを楽しみにしていたのですが、こういう形で再会することになろうとは思いませんでした。
 年々歳々花相似たり。再々年々人同じからず。青森ももうすぐ桜の季節ですが、今年も昨年のメンバーと一緒に花見が出来ますように・・。

3月 30, 2009

3月30日(月)

[日記] —

 28日の土曜日は在青北五会(青森市在住の北郡・五所川原市出身者の会)役員会があり、今年の事業計画等の話し合いがされました。話題は会員の増員計画と若返りに向けた対策でしたが、町内会等他の様々な会と同様の問題を抱えており、一朝一夕に解決することはなかなか難しそうです。会議後油川地区でクリニックを開業されているM医師(板柳町出身)による生活習慣病に関する講演があり、一般の聴衆も詰めかけ大変おもしろし話を聞くことができました。
 夕方5時からは桂木町会役員会が開かれ、21年度通常総会の準備について話をしましたが、こちらも町会運営についてはなかなかスタッフが揃わず苦戦しそうです。
 さて昨日の日曜は午前中2週間ぶりにサンドームへ行き運動。その後1時からは佐々木誠造選挙事務所開きへ出席。3時から熟年野球あかしやクラブミーティング。6時からは結婚披露宴出席とこれまた結構忙しい一日でした。
 本日は午前中会派で各派代表者会議の報告などの打ち合わせをし、各々今後の選挙活動などを確認して解散となりましたが、今回の選挙については想像以上に厳しい場挙であるとの認識は皆共通していました。そうはいっても時間は過ぎていくばかりなので、今の状況でやれることを頑張るしかありません。

3月 27, 2009

3月27日(金)

[日記] —

 朝目覚めると窓外には真冬に逆戻りかと思うくらいの雪が・・・。それでもやはり季節は確実に春に向かっていると見え、トレーナーにトレパン裸足に靴といういでたちでゴミを出しに行ってもさほど寒さは感じませんでした。9時頃に議会へ行きましたが、定例会も広域議会も終わったせいか、来ている議員は5~6名でした。1週間ほど前にすでに夏タイヤに履き替えた議員も複数いたようで、その人たちは自家用車では動けなかったことと思います。
 夕刻、佐々木誠造後援会主催による勝田奥野地区での「市政を語る会」がありました。率直な感想としては盛り上がりも無く、今の状況は非常にまずいと感じました。後援会側の運営というか演出なのか知りませんが、対立候補についての非難があり、それがこの会に来てくれた方々にとってとても悪い印象を与えているようでした。聞くところによると各地区で同じような戦法を取っているようですが、大いに疑問を感じます。誹謗中傷をしている人に対しては、人間良い印象を抱かないと思うのですが、いかがでしょうか。
 今日もまとまった運動の時間は取れませんでした。明日も意外に時間はタイトで果たして運動できるかは怪しいところです。

3月 25, 2009

3月25日(水)

[日記] —

019.JPG                                                          映画「レッドクリフ」に感化されて年末から読み始めていた三国志(吉川英治版)、今朝方目が覚めて残っていた数十頁を読み終えました。途中で小説以外の本は平行して何冊も読んでいたものの、三国志を読むのにここまで時間がかかるとは思いませんでした。序盤の「桃園の契り」や「赤壁の戦い」の他、関羽、張飛、超雲などが活躍している頃までは読み進むスピードも上がっていましたが、正直途中からマンネリ化してきた感は否めませんでした。それでも孔明の智略を尽くしての蜀と魏の戦いなどでまた盛り返し、最後は孔明の死で吉川版三国志は事実上終わりますが、解説によれば元の「三国志」や「三国志演義」などに比較して特に中心となる人物の描写などは、克明に描かれているということでした。何はともあれ4月公開の「レッドクリフパートⅡ」に間に合って本当に良かった。
 さて本日は第1回定例会閉会日でしたが、議会人事を巡って本会議開会ぎりぎりまで折衝が続けられました。結果を敢えて食事にたとえて表現するならば、ラーメン、もりそば、ナポリタンなどそれなりに好物もあったのですが、最終的にテーブルに出されたのはシュール・ストレミングだったという感じでしょうか。
 

3月 24, 2009

3月24日(火)

[日記] —

 朝から夕方まで議会人事を巡って実にさまざまな動きがあり、状況も二転三転しており、明日の開会直前までどうなるのか分らないということになりました。明日朝早くに集合し、最終的な情報交換をして必用とあらば折衝をして天命を待つということになりそうです。
 WBCは韓国と死闘を繰り広げた日本が見事2連覇を成し遂げました。日本国民としてはめでたしめでたしですが、WBC自体が今後どうなるのかということになると一抹の不安を覚えます。

3月 22, 2009

3月22日(日)

[日記] —

0101.JPG 014.JPG                 昨日は大野小学校の卒業証書授与式が行われました。我が家の長女も今年卒業で、妻と二人式に出席してきました。昨年の卒業式にも出席したのですが、思い出すのは自分の小学校の卒業式でした。今年の場合は長女の入学式から運動会、参観日、学習発表会、友達とけんかしたこと、自転車で転んで泣いていたことなど6年間の出来事を思い出していました。今年は校長先生も定年退職されるということで、一緒に卒業されます。このT校長は私の小学3・4年時の担任の先生の弟さんに当たる方で、3年前までは市教委の理事もされていた方なので、議会でも大変お世話になった先生です。などと様々あり今年の卒業式は例年にも増して感慨深い式となりました。6年間はあっという間ですなあ・・。 
  夜青森市少林寺拳法協会総会に出席をしてきました。私自身少林寺の第一線を退いたのは今から31年前、高校2年生の時だったのですが本部には当時の記録も全て残っているということで、昨年休眠拳士として登録をされ今回復帰することになりました。本当に久しぶりに拝見する顔もあり、懐かしさで一杯でした。ただし当時はブルース・リーの映画が大反響を呼んでいた時期で、中高生の門下生がたくさんいた時代でしたし、その後しばらくして映画の「少林寺」がはやり小学生が数十人もいた時代がありましたが、いまやそのような一時的なブームは過ぎ去り、門下生は減る一方のようです。でもだからこそそこで残る人間が本物だと思うのですが。これは全てにいえることだと思いますが、ビリヤードブームの時に青森市内でも雨後の竹の子のごとくビリヤード場が粗製濫造され、猫も杓子もキューを握っていましたが最終的に残った人はその百分の一くらいの人でした。でもその人たちがその後のビリヤードを支えてきたのです。
 何につけ続けるというのは大変なことであるし、それだけで尊敬に値することだと思います。時代によって流行廃りや価値観は移ろいますが、それに惑わされることなく物事を継続している人たちは文句なしに立派だと思います。

3月 20, 2009

3月20日(金)

[日記] —

 昨日夕方5時過ぎに歩いていて、「日が長くなったなあ」と感慨に耽っていたのですが、なるほどついこの間冬至だと思っていたら早くも春分の日となりましたか。これからは日ごとに日が長くなる、と考えただけで何か得したような気になります。
 昨夜は小学校のPTA役員の打ち上げがあり、苦労の末に決まった次年度会長も参加して、久々に痛飲しました。おかげで今朝はやや二日酔い気味。体調もいまいちであるが今夜も中学の同期と飲み会が・・。ウコンの力を飲んで頑張ろうと思うも、おっと明日は小学校の卒業式であった。一応挨拶は考えたものの、今晩の呑み会で覚える時間はないので明日朝早起きして覚えましょう。ということで今夜はあまり飲み過ぎないように気を付けて・・。

3月 18, 2009

3月18日(水)

[日記] —

008.JPG010.JPG                            午前中献血センターへ行って来ましたが、献血者の数はいまいちでした。雪も溶けて活動するにはよい季節だと思いますが、冬場の平日に比べても入りが悪いなという感じを受けました。私も今日で成分献血の年間回数を終え、次回の成分献血は8月以降になります。4月に全血ができますがその後はしばらくお預けとなります。
 さて午後は青森駅北側に建設予定の文化観光交流施設、安全祈願祭に行って参りました。現状はまだ更地ですがいよいよこれからの青森の顔となるべき建物が建つのだという雰囲気は伝わってきます。この施設に対しても賛否両論様々な意見があり、4月の市長選の争点の一つになっているものですが、平成23年1月のオープンをめざし着工することになりました。
 話は変わってWBC。韓国との一戦は日本の完敗でした。初回に取られた3点はそれとして、取った点数が1点では先発投手のダルビッシュを責められまいと思いますが、どうでしょう。何か韓国と接戦になると勝てそうにない雰囲気さえ感じます。キューバなどと対戦するときのようなチャレンジャースピリッツが感じられない。妙に萎縮した試合になっているように感じるのは私だけでしょうか。今や日本が韓国よりも格上だなどと思っている人は誰もいないと思います。もっと胸を借りるぐらいの気概を持ってぶつかっていかないと、今後も韓国には苦杯をなめさせられるのではないかと危惧します。腹を据えて戦えサムライ・ジャパン!
 あ~昨日久々に運動したせいで体中が痛いわ・・。

3月 17, 2009

3月17日(火)

[日記] —

 予算特別委員会最終日。委員の質問に理事者が答えられず、暫時休憩すること午前中のみで2回。準備不足の誹りは免れない。午後もまた資料の提出を巡って暫時休憩。結局4人の委員の質問と採決で3時半まで時間を費やすことになる。その間休憩の度に会派控え室で紅茶を牛飲し、菓子を貪り不健康極まりない。食わなきゃいいだろと思うものの、このところの習慣か血糖値の低下か、食欲はいや増すばかり。
 夕方久々に運動をしにでかける。実に2月27日以来、ほぼ3週間近く怠惰な生活に浸りきって今日に至る。今23時過ぎだが早くも体のあちこちに筋肉痛の兆しが。明日はこれもまた久々に献血ルームへ予約を入れてあるので、ご奉仕に行ってきます。

3月 16, 2009

3月16日(月)

[日記] —

 予算特別委員会第2日、本日で我が会派の質問者の質問も終わり、この後は明日の予算特別委員会最終日と、意見書等に対する賛否の対応を検討すればほぼ今議会の仕事は終わります。気温は高くそれこそ春と行っても過言ではない陽気でしたが、このまま桜の季節へとは行かない予報もありますので今しばし辛抱しながら春本番を待ちたいと思います。春と言えば公立高校や大学の後期試験を受けている人たちにも、早く春が訪れることを祈ります。
 明日の予算特別委員会は何時頃に終わるのか不確定ですが、もし早めに終われば体を動かしに行きたいと思います。最近食欲は相変わらずですが、間食も結構していて腹がだぶついてきたのが自覚できるほどになりました。はあ~・・・。

次のページ »

HTML convert time: 0.478 sec. Powered by WordPress ME