7月 31, 2011

7月31日(日)

[日記] —

0101.JPG 本日は月に一度の生け花研究会のため、昨日に引き続き留守番担当となりました。

ただしどこかへ行こうにも昨日の買い物終了時点で財布はほぼ空っぽ。時間外でキャッシュカードを使い、自分の金を引き出しながら手数料を取られるのは癪なので、何とかこの土日銭を使わずにやり過ごそうと考えておりました。

しかし午後1時頃ふと思い出しました。10日ほど前、小銭入れの隠しポケットに千円札を2枚入れたような、そうでないような。高まる興奮を抑えつつ小銭入れを確認すると・・・、ありました!小さくたたまれた偉人、野口英世氏がお二人。へへ~ありがたやありがたや、ということで急に尊大な気分になり、一丁豪勢に外食でもすっかということに相成りました。
次女は当然行くとして、つい2時間前にカレーライスを食らっていた長女が問題です。3人で行くとなれば外食メニューは「吉野家」「丸亀製麺」「ほか弁」の3つに絞られます。ただし長女が行かなければこれに「カッパ寿司」が加わります。なんといっても次女は「カッパ」が大のお気に入り。次女に探りを入れさせたところ、ふっふっふ、案の定長女はまだ腹が空いていないとのこと。きゃつの気が変わらぬうちに、と瞬く間に支度をして次女と私はカッパの家へ。

1時15分入店でしたが店内は結構混み合っており、結局カウンター席に着いたのは2時近くでした。次女と2人であれば2千円と小銭少々あればノープロムレム。結局千円札1枚を温存したまま食後の散歩がてら同敷地内の本屋へウインドウショッピング。2・30分立ち読みしてさあそろそろ帰るべ、となったところで素直にウンと言わぬ次女に導かれ幼児用月刊誌の列ぶ棚へ。結局付録目当ての「たのしい幼稚園」だかなんとかいう本に650円も使わされ、最終的にはやはり財布の中はほぼ空っぽ。
ま、夜飲みに出かけて使うことを考えれば、有意義な出費でしょう。おしゅうない、おしゅうない。

そのお礼というわけはないのでしょうが、夕方ヤード跡地の花壇草取りに次女も手伝いに行くと言いだし、とりあえず連れて行きました。思ったよりもよく働いていました。やはり週に一度は草取りをしないと後々面倒になりそうです。ヤード跡地では新町方面のねぶた囃子が聞こえていました。

すあーて、明日から早8月となりますが、また1週間がんばるべ!

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.361 sec. Powered by WordPress ME