7月 21, 2016

7月21日(木)

[日記] —

p1190092.JPG
毎年恒例、夏休み前の浜田小夏祭り。超~盛り上がり!

午前中は常任委員協議会。付託案件がなく、報告事項が主であるので時間は大概短く終わります。各委員会の終了時間はまちまちですので、すべて終了後会派会議。議運の懸案事項などを協議。議会改革検討委員会を特別委員会にするかどうかの会派意見とりまとめです。議会改革に非常に後ろ向きな会派があるため、これまでは「ペーパーレス化」以外ほとんど進んでいません。しっかりと改革を進めるためにも「特別委員会」として位置づけた方がよいということになりました。

午後からは浜田小学校夏祭りの設営手伝い、に出かけましたが設営はほとんど終わっており、結局その他の物品運搬や棒パン火おこしなど、やることは多々ありました。

子どもたちは明日から夏休みで、私も朝の登校指導はなくなりますが、代わりにラジオ体操が待っています。私がラジオ体操に行く必要はないのですが・・。

コメント (2) »

  1. アウガは結局のところどうなるのでしょう?というか市も市議会もどうしたいのでしょうか?市民から見ると全くわかりません。破たんさせるにも金がかかります。第3セクターにはその金がないのでは?
    市長がどうしようもないのはわかっていましたが、議会もダメダメ言うだけで対案も何も無いように思われます。市長がきちんとした考えを出さないから、すべて却下・・・
    市民から見れば市長も市議も我々の代表です。もう少し前向きに議論できないものでしょうか?アウガに公共性を持たせるにしても、市役所の一部を、というのはどうなのでしょう。
    市議会としてどうしたいのか?きちんとシミュレーションしているのか?我々にはわかりません。(誰に聞いてもそう言っています。)
    市役所機能が移った場合、片道一車線の新町通りが渋滞したら青森駅を使う人はどうなるのか?現在、新町に買い物に行っている人も駐車場がいっぱいだと思ったらいかなくなるのは目に見えています。青森駅に行くバスが遅れて乗り遅れることも十分考えられます。
    商業区域と行政区域はなかなか相容れないものがあります。
    青森をダメにしないように充分考えてほしいものです。
    市役所の建築にしても、民間企業が自社ビルを建築する時のことを学んだら?他県の設計事務所や大手建設会社に頼まず、地元の設計事務所、建設会社に任せたら100億が70億になるかも。
    ワ・ラッセが三十数億の予算で始まり、結局54億?かかったと聞いています。そういう教訓は生かさないと!


    コメント by sakumi — 7月 22, 2016 @ 7:57 pm

  2. 市議会がどうしたいのか、とのご質問には「青森市議会は35人の議員の合議体なので、議会として一本化はしていません」というお答えになります。「破産手続きをとる」「特別清算をする」のどちらかだと思います。現実的には「破産手続きをとる」しかないと私は思っています。市役所機能を入れることについては、それによって現在地に整備する新庁舎の規模を縮小することにより、建設費の圧縮につなげなければならないと思います。移転する機能については「窓口機能」「その他の機能」かにより、交通事情は異なるとは思います。
    市長の提案がダメだからすべて却下、というのは議会での議論をきちんとお聞きになってのご意見でしょうか。議会では各議員が対案を示しています。新聞報道だけでのご意見でなければよいのですが。


    コメント by admin — 7月 22, 2016 @ 10:26 pm

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.442 sec. Powered by WordPress ME