11月 15, 2009

11月15日(日) 小樽視察報告第一報

[視察] —

p1010334.JPG p1010341.JPG                            小樽への会派視察報告第1弾は移動日初日の小樽の風景です。ホテルチェックイン後市内を1時間あまり散策しました。ホテルの直ぐ前は運河でしたが、該当もレトロな感じを醸していて倉庫が建ち並ぶ町並みにとてもマッチしています。ホテルの向かい側には観光案内所(写真右)と思しき建物が電飾とともにあり、観光客が写真を撮っていました。中ではオルゴールなどのお土産品も置いてあり、それほど広いスペースではなかったものの温かい感じの施設でした。夕飯前の時間をあちこち歩き回りましたが気温は約4℃ほどで、コートを着ていたものの顔など露出している部分はすっかり冷えてしまいました。

 今はちょうどシーズンオフということで観光客も多くはないようでしたが、街自体はとても魅力的でした。以前小樽に行ったのは8年ほど前の夏ですが、その時は札幌泊まりで日中小樽に行き、運河とガラス工芸品展と動物園と寿司屋に行って帰りましたので、夜の小樽は今回が初めてでした。季節によって訪れる街の表情は全然異なります。やはり古いものが残っている街というのは、得がたい財産を持っているという気がします。

 第2報へ続く。

 

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.463 sec. Powered by WordPress ME